はじめまして
一般社団法人 宗務ネットワーク 佑想庵 代表理事の中山戒仁です。
 
私はお話する時によくこのことお聞きします。
 
「頑張り過ぎていませんか?」
 
「1人で悩んでませんか?」
 
「誰かと話をしましたか?」
 
なぜかというと、老若男女・国籍を問わず孤軍奮闘されている方によく出会うからです。理由を聞くと「家族との時間がなかなか持てない」「何でも話せる友達が居ない」「人には言えない」「聞くのが恥ずかしい」等さまざまでした。最近は「個々」が重視される風潮があります。それは個人の自由や権利が重視されることであると同時に個々の責任で行動することでもあります。しかし、人は万能ではありませんし、多くの人とつながりながら生きています。多くの人に見守られながら、また他の人を支えながら生きていたはずです。それは年齢も性別も関係なく。
 
 人間関係が希薄になり、学校・会社・地域でもなかなか話をしたり、相談したりすることが難しい時代です。お茶を飲んでほっこりしたり、いろんなストレスを発散したり、悩み事を相談したり、老若男女の集えるイベントをしたり、多くの人が自分の倖せの糸口が見つけられる、倖せへの架け橋になれるような活動を行っていければと思っております。
 
一般社団法人
宗務ネットワーク 佑想庵
代表理事 中山 戒仁